村上豊彦さんの好きな映画

休日などには、よく映画のDVDなどを借りて観ているという村上豊彦さん。

あまりに映画に熱中しすぎて、箱入りの板チョコを全部食べてしまったり、ほかの録画と合わせて8時間ほども一気に過ごしてしまうことも少なくないそうです。
そんななかでも村上さんが好きなのが、イギリスのノッティングヒルを舞台にした、冴えない書店主とハリウッド女優の恋愛を描いたラブストーリーです。

内容もさることながら、その主題歌には素晴らしい感銘を受けたようですね。

観ていない人は、ぜひ観てほしいとブログでも紹介するほどです。
基本的に、村上さんは映画を観て泣くことがとても多いおうです。

なかでも大好きなアニメ映画では、子供向けながらハズレがないという2作品のシリーズをすすめています。
また、過去に死んだ少女が幽霊となってあらわれるという設定の作品では、あまりにガン泣き、バク亡きをして友達に引かれてしまったこともあるのだとか。

また、戦争を兄妹が生き延びる話では、物語が始まってからわずか2分で号泣してしまうといいます。
村上さんは年の離れた妹をとても可愛がっているので、そんな自分と主人公をついつい重ねてしまうようですね。

この作品を見た翌日は目が真っ赤に腫れ上がってしまうので、翌日に仕事がある日はたとえテレビ放送をしていても絶対に見ないという決意で臨むそうです。

結局は、途中から見てしまうのが村上さんらしいですね。
1人でDVDを観て涙することが多い村上さんですが、一度は仲間たちと自宅で映画を観て大泣きしてしまったこともあるそうです。

雰囲気を出すために明かりを消して見ていたのですが、電気をつけると何と全員同じように感動して泣いていたのだとか。
その様子に、思わず感動してしまったといいます。

ただ、今思うと、二十歳を過ぎた男性が6畳の部屋に集まって全員泣いているのは、かなりきつい光景だったと思うと冗談交じりに語っています。
もちろん、アニメ好きだからといってアニメ映画だけを見ているだけではありません。
特に漫画を実写化した作品は敬遠されがちなのですが、そのなかでも原作ファンでも期待以上だという作品の紹介なども熱心にしています。

また、私立探偵の活躍を描いたハードボイルド映画では、主演の俳優の演技に感動して、のちにドラマ化された作品もふくめて、
考え込んだりしたときには今でも見返すなど、バイブルのような存在になっているそうです。

ほかにも、ヤクザ漫画を原作とした映画では、主演の俳優に中学3年生のときに衝撃を受けて、いまだにあこがれの的となっているそうです。
また、好きな女優は意外にも昭和の名女優で、古風でずっときれいなままなところが好きだそうです。

ぜひ、昔の映画も見てほしいと紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です