村上豊彦の嫌いなタイプの人間は

村上豊彦さんは「エアコンをガンガンかける人が苦手」です。彼は「体がだるくなってしまうから」という理由でエアコンを極度に嫌っており、熱い夏や寒い冬の気候が苦手であることを公言しながらも、限界に近付くまではエアコンを一切かけないのだそうです。

替えの利かない一発勝負の舞台での仕事が多い彼にとっては日頃の体調管理こそが何よりも重要であると考えているようで、エアコンを避けるのもその一環であるようです。

ですから、無神経なほどにエアコンをかける人が苦手というのも当然ですね。体調を崩し、仕事に穴を空けてしまう原因を作ってしまいかねない行動を取る人物とは離れていたいのでしょう。

どうしても暑さや寒さに耐えられない夜は、1時間のタイマー予約をかけてエアコンを起動するそうで、寝ている間もずっとエアコンをかけていたいというタイプの人は彼に嫌われてしまうかもしれません。

人混みが苦手でついつい避けてしまうという性格も、彼のファンにとっては常識と言えるものでしょう。人混みが凄くても唯一好きだという原宿を除いて、人が多いと分かっている場所に出向くことは避けているようです。故に「人の多い場所に連れて行こうとする人」も村上豊彦さんが嫌うタイプの人間です。

せっかく遊びに出掛けるというときに、苦痛を強いられるような場所に連れ出されるというのは人間にとって誰しもが嫌なことです。村上豊彦さんにとっての苦痛そのものこそが「人混み」なのですから、多くの人が押し寄せるような場所にばかり遊びに誘ったり、出掛けようとしたりする人とは距離を取りたくなるというのも自然なことでしょう。

彼と一緒に楽しく過ごすためには、落ち着いて過ごすことのできる場所だけが遊び場になったとしても満足できる人物でなければならないようです。

彼は知的な要素を持ち合わせている青年ではありますが、意外なことに「考えることが苦手」と発言する機会が多く、「決断をすべて自分に委ねてくるような人も苦手」だと語っています。

良く言えば協調性があり、悪く言えば優柔不断な性格であるらしく、遊びに行く場所や待ち合わせの時間、出掛けるレストランなどをすべて「お任せ」にされることを嫌っています。

好きなタイプの女性について「感動を共有できる人」と語ったこともあるほどですから、それとは真反対に常に客観的で、人任せにするようなタイプの人とは、性別は無関係にどうしても相性が悪くなってしまうのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です