村上豊彦の役者を目指したきっかけとは?

PAKU6442_TP_V

村上豊彦さんが芸能界に入ったのは、家族がキッズモデルの事務所に応募したことがきっかけでした。当時はまだ幼稚園児だったので、当然自分で決めたことではありません。

その後も、何となく流されて、やらされているような気分のまま役者の仕事を続けていました。だからこそ、まさか自分が俳優を一生の仕事にするなどということは、夢にも考えていなかったそうです。

しかし、中学生から高校生と成長するにつれて、俳優の仕事が順調に増えてくと、だんだんその仕事にやりがいのようなものを感じるようになっていきました。

高校時代は芸能コースに在籍していて、多くの同じような仕事をしている友達にも囲まれていました。そういったことも、影響をあたえていたかもしれませんね。そして、もっとこの仕事を続けていきたい、そう考えるようになったのです。

村上豊彦さんには、はっきりと、俳優になりたいといったきっかけがあったわけではありません。しかし、すでに家族がオーディションへの応募をしたときから、こうした運命は決まっていたのかもしれませんね。

ただ、それでもまだ村上豊彦さんは、あくまで10代のころは学業と役者業は並立して行うことを考えていました。

大学へ進学することを決めたのは、そこでより多くの人生経験を積んでいきたいと考えたからだそうです。そして、芸能人以外の友人もたくさん作りたいと考えていました。

実際にその希望はかない、村上豊彦さんは大学時代の間にもっとも仲の良い友人を、たくさん作ることができたそうです。ただ、それも今にして振り返ると、結局逃げ道だったのではないかと考えています。

大学を卒業してようやく、これからは生きていくためにこの未知でお金を稼いでいかなければいけない。そんな覚悟が生まれたそうです。

そしてその覚悟が生まれたことで、これまでは自分にとってプラスになるかならないかを仕事の基準にしていたのが、それではとうていやっていけない。あたえられた仕事をプロとしてこなしていかなければいけないんだ、という姿勢に変わっていったそうです。

その意味で考えると、そこからが俳優・村上豊彦としての本格的なスタートだったのかもしれません。実際に、そのころから次々と有名マンガやアニメの実写化などで演じてきた作品が、現在の村上豊彦さんの代表的な仕事となっていることからも、そのことが分かります。

もちろん、今ではずっとやっていきたい、とてもやりがいのある仕事だと感じているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です