中学の文化祭出演が俳優へのきっかけ

村上豊彦さんが中学時代に、とても大きな影響を受けた漫画がありました。
それが、型破りな教師を主人公とした学園ドラマの漫画です。

作品自体が面白かったことはもちろんですが、それ以上に強く心に残ったのには、もうひとつ理由がありました。

村上さんが中学生のころは学級崩壊がひどく、授業中でも平気で教室を出たり、廊下を自転車で走るような生徒もいたそうです。

一方で、教師もそういった生徒は基本的に無視。教室にいる生徒だけを相手に、授業を行うという形になっていったそうです。

そんななか、クラスの担任は、とても熱い先生だったそうです。

辛抱強く生徒と向き合って、つねに自分たちの味方をしてくれる。ときには、他校の生徒からも身を挺して守ってくれることもあったのだとか。
クラスを一致団結させるために、文化祭で劇をやろうと提案し、三年の間にはミュージカルも行ったそうです。

村上さんが演じたのは、ほんのひと言セリフがあるだけの脇役でした。

しかし、このときの経験が、のちに俳優となるきっかけともなったそうです。

それでも、当時はまだ先生へのあこがれのほうが強かったようですね。中学を卒業するときには、担任の先生に向かって、かならず教員免許を取ると約束したのだといいます。

そうして高校へ進学した村上さんですが、ごく普通の男子高校生ではあったものの、思春期なりにいろいろつまずきなどはあったようです。
16歳のときには、大好きな母親が泣いているのを見て、心を入れ替えて髪を3mmの坊主頭にしたそうです。
それ以来、ちゃんと朝起きて、夕方に帰り、とりあえず机に向かうといった当たり前の生活をするようになりました。

それでも、あまり勉強に集中することはできなかったそうですが、希望通りに大学へも入学。そして、高校の社会科の教員免許を取るという中学時代からの目標を達成します。
教育実習で母校の高校を訪れたときには、当時の先生から「まさか、お前が」と感慨深げにされてしまったそうです。

ところが、大学時代に出会った一人の俳優との出会いが思いを変えさせます。

その俳優に演技を褒められ、あきらめるな、一緒に仕事をしよう、と声をかけられたことが、最終的に現在の道へと進むことを決心させたそうです。
今では、その俳優さんといつか共演することを目標としているそうです。

俳優になってから村上さんは、教師へのあこがれを抱いた漫画と同じ作者の別作品で、主役の教師を演じることになりました。
その舞台には中学時代の恩師も訪れていて、スタンディングオベーションの最中に思わず涙腺が崩壊してしまったそうです。

この瞬間に、ある意味で中学時代の夢はかなったといえるのかもしれませんね。

大柄な特徴から、がっしりしたキャラクターで出演

村上豊彦さんは、漫画を原作としたいわゆる2.5次元ミュージカルなどで、数多くのキャラクターを演じてきました。
なかでも多いのが、学園を舞台とした生徒役です。

代表的なのは、バスケットボールと自動車ロードレースをモチーフにした、スポーツ漫画の2人のキャラクターでしょう。
どちらも主人公のライバルで、身長180cmを越すかなり大柄な体格。プレースタイルも、パワータイプといった共通点があります。

面白いのは、どちらのキャラクターも作中ではあまりイケメンとして描かれていないという点です。
どちらかというと、がっしりした体格で、筋肉質ながら細身の村上さんとはかなりイメージに差があります。

そういった意味では、村上さんが演じたことによって、また新しいキャラクターの魅力を掘り起こすことができたといえるのではないでしょうか。
そのほかの漫画やアニメを原作とした舞台でも、やはり大柄という特徴からか、がっしりしたキャラクターを演じることが多くなっています。

それでいて、原作ファンの期待はかならず裏切らない。こういった演技力を持ち合わせていることが、2.5次元ミュージカル俳優として高く評価されている理由なんでしょうね。
漫画が原作だと、どうしてもつきまとうのがファンのイメージとの違いです。

その点については、最初は戸惑いを持たれても、自分たちが一所懸命演じることで、かならずまっすぐ観てくれるようになると信じているそうです。
ちなみに、神様が人間世界に暮らすファンタジー作品では、いかつい外見ながら、家庭的で子供好き、何かと振り回されやすいというキャラクターを演じています。

お母さんに言わせると、そのキャラクターがもっとも素の村上さんに近くて、好きなんだそうです。
こういったところからも、本人の性格がうかがえて面白いですね。

こうして、中学生役、高校生役と経てきた村上さんですが、もともと自分の夢でもあった教師役にもチャレンジしています。
この作品では、これまでとは打って変わって、生徒にも軽くあしらわれてしまうような気弱なキャラクターを演じています。

ただし、裏では仮面をかぶり、体罰を行ってバリカンで断髪するという、かなり過激な役柄でもあります。
二面性があるのでかなり難しい役柄ですが、これまでになかった役にチャレンジできることに、かなり意気込みをもって臨んだようです。

また、2.5次元以外の作品では、歴史上の人物を演じることも多いようです。
そのなかでも豪傑や剣豪タイプの人物が多いのは、やはり堂々とした見た目からくるイメージなんでしょうね。

家族への愛情深いできごと

村上豊彦さんには、両親と妹、祖母、そして愛犬の家族がいるようです。

なかでも、お母さんとはかなり仲が良いらしく、ブログにもたびたび登場しています。記事のなかで紹介されるだけではなく、
本人からコメント欄に書き込みがあったり、内容についてもたびたびメールでダメ出しを食らっているようですね。

さすがにコメントを書き込まれたときには、恥ずかしいからやめてほしいと頼んだそうですが。
母親のことを「お母さん」ではなく、下の名前で呼んでいるところにも、まるで友達のようなコミュニケーションを取っていることがうかがえます。

実家に帰ると、刺し身や鉄板焼き、特別サラダなど、かならず母親の料理を楽しんでいるようですね。
お母さんからは贈り物も多く、初舞台のときに差し入れでもらったネギ味噌せんべいにはすっかりハマってしまって、自分でも買うほどになってしまったとか。

ほかにも、Tシャツや、ときには母親の好きなタレントさんなどの画像が、意味もなく送られてくることもあるそうです。
一方で、ブログの更新がないと心配するメールをくれたり、実家から帰るときには、花粉症に悩む息子にティッシュをボックスを渡したりと、母親らしい心遣いも。

舞台を東京まで見に来てくれることもあるようですね。そのときには、村上さんも一緒にプリクラを撮ったりしています。
もちろん、村上さんのほうからも、誕生日にはケーキを贈ったり、舞台関係で作ったオリジナルキャップをプレゼントしたりしています。

母の日と誕生日が近いので、合わせてお祝いすることが多いようですね。
ちなみに、お母さんは年を取ることを、「レベルが上がる」とおちゃめな表現をしているそうです。

Tシャツのブランドも、同じものが好きだという村上さんとお母さん。ちょっと、ここまで仲の良い母子関係はめずらしいくらいですね。
しかも、村上さんの家族への愛情はそれだけにとどまりません。

妹さんとは7歳離れていることもあってか、本人いわく「一年中萌えっぱなし」というほど溺愛している様子です。
妹さんともよく東京で会い、食事などをしているようです。

成長してかわいくなったときには、「変な虫がつかないか心配」などと、過剰とも思えるほどの愛情ぶりを示していました。
それでも、結婚が決まったときにはとても喜んでいましたね。

いろいろ大変な思いをさせたこともあるそうで、心から幸せを願っているそうです。
また、祖母のことも大好きで、村上さんにとっては1月28日はおばあちゃんの誕生日で、バレンタインデーという意識はあまりないそうです。

舞台で特攻隊を演じたさいには、話を聞いてとても考えさせられることもあったとか。
ゴリラの刺繍された靴下をもらったときには、そのセンスを面白がりながら、とても大切そうに履いていました。

父親のことはあまりエピソードが聞かれませんが、くん付けで紹介するほど、やはり仲が良いようです。
実家に帰ったときには、おなじみの居酒屋で母親と三人で飲みにいくこともあるようですね。

一番なりたかった職業は、プロレスラーやヒーロー

身長180cmと大柄な村上豊彦さんですが、生まれたときにはすでに何と4,160gも体重があったそうです。

本人もその自覚はまったくなかったようで、誕生日にお母さんから知らされたときには、かなり驚いていました。
ブログには、1際の誕生日を迎えて、じっとケーキの前で座っている可愛らしい写真も紹介されています。

ちなみに、おばあちゃんに言わせると、村上さんのピークは3~5歳くらいだったそうです。

そのころが一番可愛かった、今では大きくなっちゃった、と会うたびに言われているそうです。

もちろん、孫としてかわいいことには変わりはないでしょうね。

そのおばあちゃんの誕生日である2月14日は、自宅ではバレンタインデーというイメージがほとんどないそうです。
それとはあまり関係ないかもしれませんが、意外にもチョコレートをもらった経験はあまりないそうです。

今でこそ、好きな食べ物をよく紹介している村上さんですが、小さいころはけっこう嫌いな食べ物が多く、よくお母さんに怒られていたのだとか。
肉が大好きで、野菜と順番に食べろと言われても、焼肉ばかり食べていたそうです。今では、反対に野菜のほうを多く食べるようになってしまったそうですが。

ほかにも、小さいときからバナナの香りがとても苦手だったのだとか。

一方で、何にでもマヨネーズをかけて食べることが好きでもあったそうです。
小学4年生のときには、なぜか朝食からてりやきバーガーと白米という組み合わせだったことがあり、人生で初めての胃もたれを経験したそうです。

そのとき飲んだ胃薬はかなり苦く、今でもトラウマのようです。
子供のころは、強風や大雨、台風などが来るとドキドキして、小学生のときには利根川までわざわざ見に行ったことも。

一番なりたかった職業は、プロレスラーやヒーロー。特に、アメリカンコミックのちょい悪なヒーローにあこがれていたそうです。
いかにも男の子らしい発想ですが、村上さんらしいともいえますよね。

その一方で、子供のころから虫は大の苦手。アリからカブトムシまで、いっさい触ることはできなかったそうです。
スポーツ好きでもありましたが、野球経験はなかったようで、元高校球児を演じるときには、かっこいい投球うフォームを身につけるためにかなり猛特訓したそうです。

音楽は父親の影響で、ブルース好きというかなり渋い子供だったとか。
幼いころは両親が共働きだったため、おばあちゃんとよく公園に鯉に餌をやりにいっていたという村上さん。

その公園のことが大好きで、中学生までずっと、自分とともにあったと感じているそうです。